便秘解消レシピ

便秘解消レシピ / イチジク製薬株式会社

1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』等のレシピ制作で活躍。

有名誌のレシピ制作に加え、2005.4月~06.3月 ANA機内誌『翼の王国』Wine & Sweets Road にて菓子制作、レシピ提供も担当。スタイリッシュでありながらご自宅で簡単に作れ、便秘解消にも役立つレシピをお届けします。
Book:「夢見るおしゃレシピ」(メディアファクトリー おおたうに:著 / 吉田美生:料理)

カニとブロッコリーの冷製スープ,ひんやり冷たいスープで栄養補給,食物繊維とビタミンCがたっぷり!ブロッコリーを茎ごと使った口当たりの良いスープ

カニとブロッコリーの冷製スープ

暑い日が続きますね。そんな時は、ひんやり冷たいスープで栄養補給はいかがでしょう?
そこで今回は、ブロッコリーの食物繊維がたっぷり!手軽に作れる簡単冷製スープをご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
基本の材料(2人分)

基本の材料

  • カニ缶 … 1缶
  • 玉ねぎ … 1/2個
  • ブロッコリー … 1/2個
  • ミニトマト … 5個(普通のトマトなら1/2 個)
  • オリーブオイル … 大さじ1
  • 水 … 200cc
  • 生クリーム … 100cc
  • 塩 … 適量

作り方

玉ねぎをみじん切りにする。ブロッコリーは花蕾の部分をそぎ切りにし、茎の部分はみじん切りにする。トマトはザク切りにする。1.玉ねぎをみじん切りにする。ブロッコリーは花蕾(からい)の部分をそぎ切りにし、茎の部分はみじん切りにする。トマトはザク切りにする。

玉ねぎをみじん切りにする。ブロッコリーは花蕾の部分をそぎ切りにし、茎の部分はみじん切りにする。トマトはザク切りにする。

玉ねぎをみじん切りにする。ブロッコリーは花蕾の部分をそぎ切りにし、茎の部分はみじん切りにする。トマトはザク切りにする。

鍋にオリーブオイルと玉ねぎを入れて、しんなりするまで炒める。カニ缶を加え、水分がなくなるまで炒める。2.鍋にオリーブオイルと玉ねぎを入れて、しんなりするまで炒める。カニ缶を加え、水分がなくなるまで炒める。

鍋にオリーブオイルと玉ねぎを入れて、しんなりするまで炒める。カニ缶を加え、水分がなくなるまで炒める。

ブロッコリーとトマトを加えてしんなりするまで炒め、水を加える。沸騰したら弱火にし、全体が柔らかくなるまで煮る。3.ブロッコリーとトマトを加えてしんなりするまで炒め、水を加える。沸騰したら弱火にし、全体が柔らかくなるまで煮る。

ブロッコリーとトマトを加えてしんなりするまで炒め、水を加える。沸騰したら弱火にし、全体が柔らかくなるまで煮る。

火を止めて粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。4.火を止めて粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。

火を止めて粗熱を取り、冷蔵庫で冷やす。

冷めたら生クリームを加え、塩で味を整えれば出来上がり!5.冷めたら生クリームを加え、塩で味を整えれば出来上がり!

調理のポイント

ブロッコリーは茎まで食べられます

ブロッコリーは茎まで食べられますブロッコリーは緑の花蕾の部分を食べ、あとは捨ててしまうという方も多いのではないでしょうか?

ブロッコリーの茎には食物繊維の他、栄養がたっぷり含まれているため、捨てずに一緒に調理しましょう。ただし、ブロッコリーの茎は皮が硬く、一緒に調理しても皮が口に残ったり、噛み切れなかったりすることがありますので、茎を使用する際は、皮を剥いてから調理するのがおすすめです!

今月のポイント&コラム

ブロッコリーの栄養

ブロッコリーは、アブラナ科の植物で、キャベツを品種改良して生まれた緑黄色野菜です。今は1年を通して手に入るため、様々な料理に使われるようになりました。

ブロッコリーにはβカロテンやビタミンC、E、K、ビタミンB群の他、カルシウム、カリウム、鉄といったミネラルも豊富に含まれています。中でもビタミンCの含有量は野菜の中ではトップクラスで、100g中120mgと、実にみかんの4倍も含まれています。

また、加熱すると壊れてしまうビタミンCですが、ブロッコリーの場合は、茹でた後でも100g中約50mgのビタミンCを含んでいます。紫外線が気になる夏場にかけて、お肌の健康のためにも、積極的に摂って頂きたい野菜です。

もちろん食物繊維もたっぷり。100g中4.4mgの食物繊維を含み、さつまいものおよそ2倍の含有量です。ブロッコリーに含まれるのは主に不溶性食物繊維。不溶性食物繊維は、水分を含んで便のかさを増やし、排便を促してくれます。この不溶性食物繊維は茎にも含まれており、また、ビタミンCやβカロテンは茎の方が多く含んでいますから、茎ごと調理するのがおすすめなのです。

いよいよ暑さが本格化してくる頃。栄養補給と便秘解消のために、冷たく食べやすいスープを是非お試し下さい!

赤ちゃん便秘.com,赤ちゃんの便秘解消に役立つ情報をお届けします!

イチジク製薬株式会社 お客様相談室 電話番号03-3829-8214

イチジク製薬株式会社携帯サイトQRコード

プライバシーポリシー個人情報保護についてサイトマップ