便秘解消レシピ

便秘解消レシピ / イチジク製薬株式会社

1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』等のレシピ制作で活躍。

有名誌のレシピ制作に加え、2005.4月~06.3月 ANA機内誌『翼の王国』Wine & Sweets Road にて菓子制作、レシピ提供も担当。スタイリッシュでありながらご自宅で簡単に作れ、便秘解消にも役立つレシピをお届けします。
Book:「夢見るおしゃレシピ」(メディアファクトリー おおたうに:著 / 吉田美生:料理)

手羽先のジンジャーミルク煮,体の芯からポッカポカ,食物繊維豊富なレンコンに体の温まるしょうがを加えた一品

手羽先のジンジャーミルク煮

一段と寒くなってきた今日この頃。そこで、今回はしょうがをたっぷり加えた簡単な煮込み料理をご紹介。すりおろしたレンコンでスープにとろみをつけていますので、体の芯からポッカポカに温まり、便秘の解消にも効果的です!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
基本の材料(2人分)

基本の材料

  • 手羽先 … 4本(約250g)
  • オリーブオイル … 大さじ2
  • 玉ねぎ … 1/2個
  • さつまいも … 小1本(約180g)
  • レンコン … 小1本(約180g)
  • 小松菜 … 1/2束
  • しょうが … 1片(約30g)
  • 水 … 400cc
  • 牛乳 … 300cc
  • 鶏ガラスープの素 … 適量
  • 塩 … 適量

作り方

玉ねぎをみじん切りにする。手羽先の表面に塩をする。さつまいもは皮付きのまま、厚さ1cm程度にカットする。1.玉ねぎをみじん切りにする。手羽先の表面に塩をする。さつまいもは皮付きのまま、厚さ1cm程度にカットする。

玉ねぎをみじん切りにする。手羽先の表面に塩をする。さつまいもは皮付きのまま、厚さ1cm程度にカットする。

鍋にオリーブオイルを入れ、玉ねぎを炒める。玉ねぎの余分な水分がなくなったら、手羽先を入れ、さらに炒める。2.鍋にオリーブオイルを入れ、玉ねぎを炒める。玉ねぎの余分な水分がなくなったら、手羽先を入れ、さらに炒める。

鍋にオリーブオイルを入れ、玉ねぎを炒める。玉ねぎの余分な水分がなくなったら、手羽先を入れ、さらに炒める。

水とさつまいもを加え、強火にする。沸騰したら弱火にし、さつまいもがやわらかくなるまで煮る。食べやすい大きさにカットした小松菜を加える。3.水とさつまいもを加え、強火にする。沸騰したら弱火にし、さつまいもがやわらかくなるまで煮る。食べやすい大きさにカットした小松菜を加える。

水とさつまいもを加え、強火にする。沸騰したら弱火にし、さつまいもがやわらかくなるまで煮る。食べやすい大きさにカットした小松菜を加える。

レンコン、しょうがの皮をむき、すり下ろす。3.の鍋に入れ1分程度煮る。4.レンコン、しょうがの皮をむき、すり下ろす。3.の鍋に入れ1分程度煮る。

フライパンにバターを入れ、弱火にかける。3.を流し入れ、両面を焼く。

牛乳を加え、一煮立ちしたら火を止め、塩で味を整える。コクが足りない場合は好みで、鶏ガラスープの素を少量加えて出来上がり!5.牛乳を加え、一煮立ちしたら火を止め、塩で味を整える。コクが足りない場合は好みで、鶏ガラスープの素を少量加えて出来上がり!

牛乳を加え、一煮立ちしたら火を止め、塩で味を整える。コクが足りない場合は好みで、鶏ガラスープの素を少量加えて出来上がり!

調理のポイント

コクを出す調味料は最後に少量

コクを出す調味料は最後に少量今回ご紹介したこの煮込み料理は、骨のある鶏手羽を使っているので、煮込むことで鶏本来の旨味が出ます。
ただ、スープの量に対して手羽がそれほど多くないため、少し物足りなく感じる人もいるかもしれません。そんな時は、市販の鶏ガラスープの素やチキンブイヨンを加えて下さい。

それらを加える際は、最後に少量加えるのがポイント。ほんの1~2つまみで十分です。最後に味をみて、コクが足りなければ加える程度。たくさん加えてしまうと、その他の素材から出た味が、さほど感じられないようになってしまいます。

レンコンをすり下ろしてとろみを

今回、レンコンをすり下ろしてスープに加えました。これは、レンコンのでんぷん質がスープに溶け出し、スープにとろみがつくからです。

レンコンをすり下ろす際は、なるべく目の粗いおろし金ですり下ろした方が美味しく仕上がります。目の粗いおろし金で吸ったレンコンは、大きさが不揃いで、ところどころ大きなレンコンが残るため、食感のアクセントとなります。

おろし金ではなく、フードプロセッサーなどでレンコンを細かくすることもできます。その場合も、全てを細かくせず、大きな固まりを多少残しておいた方が美味しく仕上がります。

今月のポイント&コラム

寒い時期には体も温まる食材で便秘解消

レンコンには不溶性の食物繊維が多く含まれているため、腸のぜん動運動を活発にして便通を促してくれます。また、レンコンを切った際や食べた時に、ヌルヌルと糸を引くような粘り気がありますが、これはムチンという成分が多く含まれているため。

このムチンはヤマイモやオクラ、納豆等、いわゆるネバネバ系の食べ物に入っている成分で、荒れた胃を整えてくれたり、消化を助ける働きがあり、こちらも便秘解消に効果的な成分です。ムチンは熱に弱いのですが、レンコンに多く含まれるデンプン質に守られているため、調理による損失は少ないと言われています。

近年、冬場になると体を温める効果から話題になることも多いしょうが。しょうがは野菜であり、香辛料でもあるのですが、漢方薬の多くにも使われています。辛みの成分はジンゲロンと油性のショウガオール。

ジンゲロンは血液の循環を良くし、発汗作用を高めて新陳代謝を活発にしてくれるので、食欲の増進や便秘の解消に効果を発揮します。また、ショウガオールの臭覚を刺激する香りは、胃液や唾液の分泌を促しますので、食欲の増進はもちろん、食べたものの消化吸収にも良い働きをしてくれます。

レンコンに加え、体に良いしょうがをたっぷり入れた今回のレシピ。これからまだまだ続く寒い冬への対抗策としてはもってこい!お鍋一つで簡単に作れるので是非一度お試し下さい。

赤ちゃん便秘.com,赤ちゃんの便秘解消に役立つ情報をお届けします!

イチジク製薬株式会社 お客様相談室 電話番号03-3829-8214

イチジク製薬株式会社携帯サイトQRコード

プライバシーポリシー個人情報保護についてサイトマップ