便秘解消レシピ

便秘解消レシピ / イチジク製薬株式会社

1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』等のレシピ制作で活躍。 » プロフィールを見る

有名誌のレシピ制作に加え、2005.4月~06.3月 ANA機内誌『翼の王国』Wine & Sweets Road にて菓子制作、レシピ提供も担当。スタイリッシュでありながらご自宅で簡単に作れ、便秘解消にも役立つレシピをお届けします。
Book:「夢見るおしゃレシピ」(メディアファクトリー おおたうに:著 / 吉田美生:料理)

きのこと秋鮭のパスタ,食物繊維を多く含むきのこ類を使った秋らしいパスタ。きのこの旨みが存分に味わえる!

きのこと秋鮭のパスタ

今回は季節の食材、きのこと鮭を組み合わせてパスタのソースを作ります。便秘解消レシピらしく、食物繊維豊富なきのこたっぷり!シンプルな味付けで、きのこの旨みを存分に引き出しました。是非今の季節に作って頂きたいパスタです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
基本の材料(2人分)

基本の材料

  • 玉ねぎ … 1/2個
  • しめじ … 1パック
  • エリンギ … 1パック
  • 生鮭 … 1切れ
  • オリーブオイル … 大さじ1
  • 白ワイン … 50cc
  • 生クリーム … 100cc
  • パルメザンチーズ(すりおろす)
    … 大さじ5
  • 塩 … 適量
  • パスタ … 120g
  • イクラ … 適量

作り方

鍋にたっぷりの湯を沸かす。塩を加え、パスタを茹でる。玉ねぎはスライスし、エリンギは一口大に割く。しめじは石突きを取り、小房に分ける。1.鍋にたっぷりの湯を沸かす。塩を加え、パスタを茹でる。玉ねぎはスライスし、エリンギは一口大に割く。しめじは石突きを取り、小房に分ける。

鮭は皮を外し、一口大に切る。2.鮭は皮を外し、一口大に切る。

フライパンにオリーブオイルと玉ねぎを入れ、炒める。玉ねぎがしんなりしてきたらエリンギ、しめじの順で加え、塩を振り、さらに炒める。3.フライパンにオリーブオイルと玉ねぎを入れ、炒める。玉ねぎがしんなりしてきたらエリンギ、しめじの順で加え、塩を振り、さらに炒める。

フライパンにオリーブオイルと玉ねぎを入れ、炒める。玉ねぎがしんなりしてきたらエリンギ、しめじの順で加え、塩を振り、さらに炒める。

鮭の表面に塩をし、フライパンに加えて炒める。4.鮭の表面に塩をし、フライパンに加えて炒める。

鮭の表面の色が変わったら白ワインを加えて一煮立ちさせ、生クリームを加える。5.鮭の表面の色が変わったら白ワインを加えて一煮立ちさせ、生クリームを加える。

茹であがったパスタを4.に加え、ソースと絡める。塩、パルメザンチーズを加え、味を整える。皿に盛り、好みでイクラをのせれば出来上がり!6.茹であがったパスタを 4.に加え、ソースと絡める。塩、パルメザンチーズを加え、味を整える。

皿に盛り、好みでイクラをのせれば出来上がり!

茹であがったパスタを4.に加え、ソースと絡める。塩、パルメザンチーズを加え、味を整える。皿に盛り、好みでイクラをのせれば出来上がり!

調理のポイント

ショートパスタがおすすめ

ショートパスタがおすすめ今回は、ショートパスタの中でもフジッリという「糸巻き」を意味するパスタを使っています。このパスタはらせん状になっているため、ソースが絡みやすいのですが、なかなか手に入りにくいというのも事実。その際は、他の種類のパスタを使用しても全く問題ありません。パスタを選ぶなら、できればマカロニやペンネなど、ショートパスタをおすすめします。ショートパスタは細長いスパゲッティに比べ、太く、存在感があるため、クリーム系のやや濃厚なソースととても相性が良いのです。

また、ショートパスタは食感がもちっとしているため、あまり茹で加減に神経質にならなくても大丈夫。パスタは茹で加減が難しく、あまり自信がないという方でも、美味しく作ることができますので、是非一度試してみて下さい。

スモークサーモンや塩鮭でも

今の時期は美味しい生鮭が手に入るため、今回は生鮭を使用していまが、スモークサーモンや塩鮭を使っても問題ありません。ただし塩鮭の場合、塩加減に何段階かあり、かなり塩辛い(一般的に辛口と表示され販売されています)ものもあります。あまり塩辛い鮭ですと、ソースに馴染まず、美味しく仕上がりませんので、塩鮭を使用する際は、甘口と言われる塩分が低めのものをご使用下さい。

今月のポイント&コラム

きのこは便秘の解消にもってこいの食材

きのこ類は、豊富な食物繊維とビタミンB群を含み、低カロリーです。ビタミンB群は、炭水化物・たんぱく質・脂質の三大栄養素の代謝を助ける働きがあるため、体や神経の働きを正常に保ち、疲労回復に役立ちます。

食物繊維は不溶性食物繊維の方が多く含まれますが、水溶性食物繊維も含んでいるので、両方の食物繊維を摂ることが効果的とされる便秘の解消にはもってこい。正にきのこ類はいいことづくめの食材といえるでしょう。

エリンギにはキャベツの2.4倍の食物繊維が含まれています。また、エリンギは火を通しても食感が変わらず、噛みごたえがあります。このよく噛むことも、便秘の解消には効果があると言われます。

しめじに含まれているビタミンDは、カルシウムの吸収を高める働きがあります。ですから、高カルシウムの食品を一緒に摂ることで、骨や歯を丈夫に保つことにも一役買ってくれます。今回のレシピでも、生クリームと一緒に調理しているため、その効果は期待できます。

食欲の秋と言うだけあって、美味しいものが多く、ついつい食べ過ぎてしまうこの時期、時には今回ご紹介したきのこなどのヘルシーな野菜をたっぷり摂って、便秘解消、健康維持を心がけましょう!

赤ちゃん便秘.com,赤ちゃんの便秘解消に役立つ情報をお届けします!

イチジク製薬株式会社 お客様相談室 電話番号03-3829-8214

イチジク製薬株式会社携帯サイトQRコード

プライバシーポリシー個人情報保護についてサイトマップ