便秘解消レシピ

便秘解消レシピ / イチジク製薬株式会社

1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』等のレシピ制作で活躍。 » プロフィールを見る

有名誌のレシピ制作に加え、2005.4月~06.3月 ANA機内誌『翼の王国』Wine & Sweets Road にて菓子制作、レシピ提供も担当。スタイリッシュでありながらご自宅で簡単に作れ、便秘解消にも役立つレシピをお届けします。
Book:「夢見るおしゃレシピ」(メディアファクトリー おおたうに:著 / 吉田美生:料理)

そば粉のガレット,他の穀物より食物繊維豊富なそば粉を使ったガレット。スイーツアレンジもご紹介!

そば粉のガレット

食物繊維やたんぱく質・ミネラルが豊富なそば粉を上手に活用。アレンジも自在!

日本ではスイーツとして親しまれているクレープ。フランスのブルターニュ地方の郷土料理であるガレットがルーツとなっています。2012年最初は、そんなガレットを便秘解消レシピにアレンジしてご紹介!小麦粉の代わりにそば粉を使っているため、食物繊維が大変豊富。様々な食材と相性も良く、便秘解消に効果的でおすすめです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
基本の材料(2人分)

基本の材料

  • そば粉 … 40g
  • 玉子 … 1個
  • 牛乳 … 100cc
  • バター … 小さじ2
  • きび糖 … 小さじ1
  • 塩 … 適量
  • ハム … 2枚
  • グリュイエールチーズ(スライスチーズでも代用可) … 2枚
  • 玉子 … 2個
  • バター … 適量

作り方

ボウルに玉子を割り入れ、牛乳を加えて泡立て器でよく混ぜる。そば粉、砂糖、塩を加え、さらに混ぜる。1.ボウルに玉子を割り入れ、牛乳を加えて泡立て器でよく混ぜる。そば粉、砂糖、塩を加え、さらに混ぜる。

ボウルに玉子を割り入れ、牛乳を加えて泡立て器でよく混ぜる。そば粉、砂糖、塩を加え、さらに混ぜる。

フライパンにバターを入れ、火にかける。バターが溶け、焦げてきたら1.のボウルに加え、よく混ぜる。2.フライパンにバターを入れ、火にかける。バターが溶け、焦げてきたら1.のボウルに加え、よく混ぜる。

フライパンにバターを入れ、火にかける。バターが溶け、焦げてきたら1.のボウルに加え、よく混ぜる。

フライパンにバターを敷き、2.の生地を流し入れる。全体に生地が均一になるようにフライパンを回し、片面が焼けたら裏返し、両面を焼き、皿に盛る。3.フライパンにバターを敷き、2.の生地を流し入れる。全体に生地が均一になるようにフライパンを回し、片面が焼けたら裏返し、両面を焼き、皿に盛る。

再度フライパンに生地を流し、片面が焼けたらひっくり返し、中央にチーズ、ハム、玉子の順にのせる。四方向から端を正方形になるように折り、ふたをして蒸し焼きにする。4.再度フライパンに生地を流し、片面が焼けたらひっくり返し、中央にチーズ、ハム、玉子の順にのせる。
四方向から端を正方形になるように折り、ふたをして蒸し焼きにする。

再度フライパンに生地を流し、片面が焼けたらひっくり返し、中央にチーズ、ハム、玉子の順にのせる。四方向から端を正方形になるように折り、ふたをして蒸し焼きにする。

3.のガレットの中央に4.をのせれば出来上がり5.3.のガレットの中央に4.をのせれば出来上がり!

調理のポイント

ブルターニュのガレット

本場フランスの専門店では、円形の大きい鉄板があり、大きなガレットを焼くことができますが、日本のご家庭ではフライパンを代用します。フッ素加工してあるフライパンを使用すれば、どなたでもきれいにガレットを焼くことが可能です。ただし、大きさは本場の物に比べるとやや小さめ。そこで、今回は、ハムやチーズの具に対して、ガレットを2枚焼き、重ねることでボリュームをアップしました。これなら、具が多い割には生地が少なくて物足りないということもなく、ご満足頂けるのではないでしょうか。

また、今回ご紹介したガレットは、ハム、チーズ、玉子と、ブルターニュ地方の定番の具材を使用していますが、それ以外にも色々なアレンジは可能です。もちろん、日本のクレープのように、スイーツとしても美味しく召し上がって頂けます。

スイーツとしてアレンジ

スイーツとしてアレンジそこで、便秘解消にも役立つガレットのスイーツアレンジを一つご紹介。

フライパンでバター(小さじ2程度)を溶かし、リンゴ(皮付きのままスライスしたもの)1/2個とバナナ1~2個をソテーし、ガレットの上に盛り、グラニュー糖とヨーグルトをかけます。

本来はヨーグルトではなく、バニラアイスクリームといきたい所ですが、やはり、便秘解消には乳酸菌を多く含むヨーグルトを、ということでヨーグルトを使用します。

リンゴの皮には水溶性食物繊維のペクチンが含まれているため、リンゴは皮を剥かずに使用します。また、バナナには腸内環境を整えるオリゴ糖が多く含まれていて、いずれの果物も便秘解消にはとっても効果的。手軽に手に入る材料で簡単に調理できるので、定番のガレットと2種類作って楽しむというのもおすすめですね!

そもそもフランスのブルターニュ地方は、土地が痩せているため小麦が育たず、代わりにそばを栽培し、粉にして水や玉子と混ぜて焼き、パンの代わりに主食にしていました。
その後、小麦も栽培されるようになり、今では、クレープは甘いスイーツ、ガレットは(食事としても食べられる)甘くないもの、といった区別をしているそうです。

今月のポイント&コラム

そば粉は便秘解消の優良食材

ご紹介した通り、ブルターニュ地方では小麦粉の代用品として使われていたそば粉ですが、実は便秘解消には大変効果的な食材です。

そば粉には全体量の4~7%の食物繊維が含まれていて、この比率は小麦粉に比べると2倍、白米では8倍以上に当たります。そば粉はそばの実から作られますが、その作り方の違いにより、栄養成分にも違いが出ます。そばの実の真ん中部分で作る真っ白な一番粉よりも、その少し外側の二番粉、さらにもっと皮に近い部分で作る黒っぽい三番粉の方が、食物繊維が豊富です。

また、そばは小麦粉や白米に比べてタンパク質も豊富。ビタミンB類、ミネラル等も多く含まれます。いずれも食物繊維と同様、そばの実の外皮に多く含まれているため、そば粉を選ぶ際はなるべく黒っぽいものを選ぶのが良いでしょう。

ナチュラルチーズの乳酸菌

ガレットと好相性のチーズ。今回はスイスのグリュイエールチーズを使用しています。代表的なスイス料理のチーズフォンデュなどに使用されるチーズで、加熱すると旨味が増し、濃厚でしっかりとしたコクのあるチーズです。フランスでもグラタンやクロックムッシュ等に多く利用され、ブルターニュ地方のガレットも同様に、グリュイエールチーズを使用することが多いようです。

このグリュイエールチーズは、日本ではナチュラルチーズの一種。ナチュラルチーズとは、牛や羊等の原料乳を乳酸菌や酵素の働きで発酵・熟成させたもの。ナチュラルチーズには乳酸菌や酵素が生きたまま含まれているため、便秘解消に効果的に働きます。

今回ご紹介したガレットは、これら以外にもアレンジは自由自在。様々な食材と相性が良いので、是非色々な組み合わせを試し、自分好みのガレットを作って、美味しくヘルシーに便秘解消して下さいね!

赤ちゃん便秘.com,赤ちゃんの便秘解消に役立つ情報をお届けします!

イチジク製薬株式会社 お客様相談室 電話番号03-3829-8214

イチジク製薬株式会社携帯サイトQRコード

プライバシーポリシー個人情報保護についてサイトマップ