便秘解消レシピ

便秘解消レシピ / イチジク製薬株式会社

1973年東京生まれ。都内レストラン・カフェで料理人を勤めながら、フードコーディネーターとして、『anan』『VERY』等のレシピ制作で活躍。

有名誌のレシピ制作に加え、2005.4月~06.3月 ANA機内誌『翼の王国』Wine & Sweets Road にて菓子制作、レシピ提供も担当。スタイリッシュでありながらご自宅で簡単に作れ、便秘解消にも役立つレシピをお届けします。
Book:「夢見るおしゃレシピ」(メディアファクトリー おおたうに:著 / 吉田美生:料理)

あずきアイス,食物繊維が豊富な寒天とあずきを使い、暑い日に嬉しいひんやりスイーツに

あずきアイス

食欲が落ちがちな夏でも、食物繊維を上手に摂れるヘルシースイーツ

梅雨も明け、いよいよ夏本番!
しかし、暑い夏は食欲も落ち、栄養も偏りがち。便秘解消に不可欠な食物繊維も不足しているのではありませんか?
そんな時は、ひんやりスイーツで無理なく食物繊維を摂りましょう!缶詰のゆで小豆を使っているので作り方は簡単。混ぜて凍らせるだけのお手軽便秘解消スイーツです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
このレシピをプリントする
基本の材料(2人分)

基本の材料

  • 茹であずき(缶詰) … 200g
  • 牛乳 … 200cc
  • 粉寒天 … 2g
  • 黒砂糖 … 10g
  • 白玉粉 … 50g
  • 水 … 50cc

作り方

鍋に牛乳を入れ、粉寒天を振り入れる。ゴムベラで混ぜながら火にかけ、沸騰したら弱火にして、混ぜながら1分ほど煮る。1.鍋に牛乳を入れ、粉寒天を振り入れる。ゴムベラで混ぜながら火にかけ、沸騰したら弱火にして、混ぜながら1分ほど煮る。

あずき、黒砂糖を加えてよく混ぜ、火を止める。2.あずき、黒砂糖を加えてよく混ぜ、火を止める。

保存容器に入れ、粗熱を取る。冷凍庫で約3時間程度しっかりと凍らせる。3.保存容器に入れ、粗熱を取る。冷凍庫で約3時間程度しっかりと凍らせる。

ボウルに白玉粉を入れ、数回に分けて水を加え、練る。4.ボウルに白玉粉を入れ、数回に分けて水を加え、練る。

鍋にたっぷりのお湯を沸かす。別のボウルに氷水を用意しておく。4.を丸くまるめ、順に湯に落とす。浮き上がってきたら、さらに30秒ほど茹でて、氷水に入れる。5.鍋にたっぷりのお湯を沸かす。別のボウルに氷水を用意しておく。4. を丸くまるめ、順に湯に落とす。浮き上がってきたら、さらに30秒ほど茹でて、氷水に入れる。

鍋にたっぷりのお湯を沸かす。別のボウルに氷水を用意しておく。4.を丸く丸め、順に湯に落とす。浮き上がってきたら、さらに30秒ほど茹でて、氷水に入れる。

凍った3.をフォークで表面から少しずつ削るように砕く。6.凍った3. をフォークで表面から少しずつ削るように砕く。

グラスに盛り、5.の白玉を添えれば出来上がり!(飾りにミントの葉などを加えてもOKです)7.グラスに盛り、5. の白玉を添えれば出来上がり!
(飾りにミントの葉などを加えてもOKです)

調理のポイント

粉寒天の上手な調理法

最後にアイスをフォークで削りますが、粉寒天を加えていることで、氷のように固く凍らず、削りやすくなります。

ただし、粉寒天はやや溶けづらく、ダマになりやすいので調理には注意が必要!
牛乳で煮溶かす際は、必ず火にかける前に粉寒天を振り入れ、鍋底に粉寒天が沈んで焦げ付いてしまわないように、ゆっくりかき混ぜながら火を入れましょう。仕上がりが粉っぽくならないように、1分以上煮立てるのがポイント。その時もやはり、鍋底をゆっくりかき混ぜてくださいね。

あずきの缶詰の甘さは・・・?

あずきの缶詰の甘さは・・・?あずきの缶詰は、メーカーにより甘さに違いがありますので、お好みで砂糖の量を調節して下さい。

基本的に、凍って冷たくなると甘さは薄れますから、温かい状態で味をみる際に少し甘すぎる程度でOK。アイスになった時、ちょうど良い甘さに仕上がりますよ。

今月のポイント&コラム

食物繊維豊富な寒天とあずき

最近は猛暑が続き、食欲が落ちている方も多いのではないでしょうか?そんな今の時期にはひんやりとした、のど越しの良いスイーツがおすすめです。

スイーツとは言え、寒天とあずきは便秘解消には最適の食材。寒天の成分の80%以上は食物繊維と、便秘の方には積極的に摂ってほしい食材の一つです。

あずきは栄養面でとても優れ、良質なタンパク質、ビタミンB1、B2、食物繊維が豊富に含まれています。特に食物繊維はごぼうの3倍、さつまいもの8倍とかなり多く、そのほとんどが不溶性食物繊維。腸内で水を吸って膨らみ、腸の活動を促進、便秘解消に役立つだけでなく、大腸がんの予防にも効果があるとされるヘルシーな食材です。

暑い時期には「冷凍」が強い味方

今回のレシピのように、食材を一工夫して凍らせることにより、ひんやりスイーツに変身します。他にもヨーグルトに好みの果物を加え、フローズンヨーグルトなどもおすすめ。暑さに負けて食べられなくなってしまうと、便のかさも減って便秘気味にもなりやすく、体力も落ちてしまいます。あまり多量に冷たいものを摂るのは良くありませんが、市販のものよりヘルシーなスイーツとして、今の時期に楽しんでみてはいかがでしょう?

また、冷凍することで、暑くてダメになってしまいそうな食材の賞味期限も延び、まさに一石二鳥です。食欲の落ちている時はスイーツで便秘解消&元気回復。冷たいものも上手に取り入れ、暑い夏を乗り切りましょう!

赤ちゃん便秘.com,赤ちゃんの便秘解消に役立つ情報をお届けします!

イチジク製薬株式会社 お客様相談室 電話番号03-3829-8214

イチジク製薬株式会社携帯サイトQRコード

プライバシーポリシー個人情報保護についてサイトマップ