イチジク浣腸に関する質問FAQ

便秘解消体操・エクササイズ ピラティス

便秘解消にピラティスがいい理由

インナーマッスルを意識していく事で、内臓を活性化する作用があり、骨をたくさん動かすため、腸へのマッサージ効果もあり、骨盤の歪みを調整していくので、内臓が正しい位置に戻り、内臓機能も正常に戻り、便秘が解消されていきます。

インストラクター紹介

建部 弥惠(たてべ やえ)

便秘解消体操・エクササイズ5.Spine Stretch

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.長座をして座り、背骨を床から垂直に立てて座ります。ハムストリングスが硬いことで膝が伸びきらない、背伸筋が弱くて背中を垂直に立てられない方は、膝を曲げ座ります。両手を前習えのように前方へ延ばします。

2.吐く息で腹圧をかけ、より一層腹部を薄くします。腹筋が内臓を押すような感覚を持ちながら、頚椎(首の骨)から順番に前方へたおしていきます。腰椎(腰の骨)までたおしたときに腹筋が緩まないよう心がけ、腰椎を最大限に屈曲させます。

3.背骨全体が前へたおれたときに下のポジションで吸い、また吐く息で今度は腰椎から積み上げるように背骨を立てていきます。分かりやすいイメージは、背中が壁に触れていて、その壁から一つづつ脊椎をはがしていく、また戻るときにも腰椎から脊椎を一つ一つ積み上げていきます。

ポイント !!

このエクササイズは背骨の流動性を高めるものです。背骨の屈曲時に、肩に緊張を持ちすぎて、頭部が腕の間に沈まないよう気をつけましょう。考えるのは腹筋です。肩甲帯周りの筋肉ではありません。

便秘解消体操・エクササイズ6.Cat Strech

このエントリーをはてなブックマークに追加

1.四つん這いのポジションになります。肩関節の真下に手首を置き、股関節の真下に膝を位置させます。綺麗なテーブルを身体で作ります。首のラインも真っ直ぐにし、力を抜いて首を肩の間に沈めるのはNGです。

2.吐きながら腹筋を収縮させ、胸と恥骨を引き合わせるように背骨全体に山形カーブをつくります。吸いながらスタートと同じ綺麗なテーブルポジションに戻ります。

3.今度は吐きながら骨盤を安定させ、腰を極度に反ることなく胸椎を伸展させます。伸展させるためには、胸骨を前方へ突き出します。腹筋が緩むと腰が反り、腰椎に負担がかかり危険ですので注意しましょう。

ポイント !!

猫が怒って背中を丸めるように極端なカーブはつくりません。マットを両手で押し込むこともせずに、腹筋群の収縮で腰椎を屈曲させましょう。脊椎一つ一つの動きを感じ、流動性を高めることをイメージして行なってください。

1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 6 / 7

便秘解消体操トップへ

イチジク製薬株式会社 お客様相談室 電話番号03-3829-8214

イチジク製薬株式会社携帯サイトQRコード

プライバシーポリシー個人情報保護についてサイトマップ