正しい排便 排便のしくみ

排便のしくみ

人間の体内に取り込まれる食物は、口、食道、胃、小腸、大腸、肛門へ運ばれます。
このように摂取した食物の栄養や水分を消化・吸収する器官を消化器官といいます。
ここでは、食べ物が口から入り、各消化器官を通り、排泄されるまで書きます。

人体の消化器官

〔1〕
口から食べ物を食べます。食物は、噛(か)むことにより細かくなります。
また、唾液(だえき)に含まれる消化酵素により、食物が分解されます。
細かく砕かれた食物は、食道を通り、胃に運ばれます。
〔2〕
食道から運ばれた食物は、胃の入り口(噴門)から入ります。胃は、食物を胃消化液と混ぜ合わせ、胃の蠕動運動(ぜんどううんどう)による消化を行い、食物を細かく消化しやすい粥状にします。
胃下部で行われる蠕動運動により幽門(ゆうもん)付近に到達した胃の内容物が刺激となり、幽門が開き、十二指腸へと運ばれます。
〔3〕
小腸は、十二指腸、空腸、回腸の3つの部分から成り立っています。十二指腸では、すい臓から分泌されるすい液と胆のうから分泌される胆汁によって、多くの物質が分解されやすい形になり、便の色は、胆汁でつけられます。
〔4〕
小腸の内壁には、絨毛(じゅうもう)とよばれる約1ミリの突起状のひだがあります。このひだの表面には、吸収細胞と呼ばれる栄養素を吸収する細胞があります。ひだになっているので、吸収する表面積が広くなり、栄養分をより吸収しやくなります。小腸では、炭水化物、タンパク質、脂質が消化酵素により分解され、吸収されます。
絨毛の構造
〔5〕
大腸内には、腸内細菌が多く存在します。そして、その腸内細菌が、食物繊維を発酵分解した栄養によって活動しています。小腸から大腸に運ばれるときは、食物は、液状になりますが、大腸の蠕動運動によって、水分等が吸収され、粥状、固形状に移り変わってきます。直腸に到達するときは、固形状になります。
〔6〕
内肛門括約筋(ないこうもんかつやくきん)は、不随意筋と呼ばれ、自分の意思とは関係なく動きます。また、外肛門括約筋(がいこうもんかつやくきん)は、随意筋とよばれ、自分の意思で動きます。直腸に便がくると、直腸の壁に便が押し付けられ、その刺激により、内肛門括約筋が緩みます。また、大脳に「便が来た」と伝わり、便意を催します。大脳が「便を出しなさい」と指示を出します。排便する準備ができたとき、外肛門括約筋を意識的に緩め、便を出します。
肛門の構造

次ページは「便秘とは? 便秘の種類」です。

1 / 2 / 3 / 4 / 5

次のページへ »

イチジク製薬株式会社 お客様相談室 電話番号03-3829-8214

赤ちゃん便秘.com,赤ちゃんの便秘解消に役立つ情報をお届けします!

イチジク製薬株式会社携帯サイトQRコード

プライバシーポリシー個人情報保護についてサイトマップ